中学生の学習法 中学生の学習法教えます

中学生の学習法って知っているようで知らないんですね。そんな中学生の学習法を教えます。

ホーム > カテゴリー - 中学生の学習法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中学生の学習法 ~数学編~

中学生の数学は小学生の算数の続きにあると思われていたりもしますが、
小学生レベルの算数が得意だったから中学生の数学が得意とは限りません。

もちろん、計算が得意で速くて正確なら、1問をとくのに掛かる時間が少なくて済むことにつながり、
結果としてテストの結果がよくなる、ということはありますが。
さらに、計算が苦手なのは問題です。
1問解くのに時間がかかる→テストで成績が悪い→数学が嫌いになる
という悪循環になりかねません。
計算は練習すればできるようになります。
遅くても中学1年生のうちに、計算力はつけておくようにしたほうがいいでしょう。

中学生の数学は「考える教科」です。
決して公式を丸暗記して、数字を当てはめていくという「暗記科目」ではないのえdす。
公式は丸暗記するものではなくて理解して使いこなすものです。
中学生の数学のうちにそのような習慣をつけておくと、高校の数学で苦労が少なくて済みます。

また、中学生の数学と一口に言っても、内容はさまざまです。
関数は得意だけれど図形は苦手
連立方程式は解けるけれど確率となるとお手上げ
…ある程度は仕方ない部分もあるでしょうが、テスト前には対策をしなければいけません。

苦手なジャンルが試験範囲になったら、基礎問題をたくさん解く
得意なジャンルが試験範囲になったら、応用問題に挑戦する

学校の教科書やワークだけではたりなかったら、問題集を買うのもいいかもしれません。
突然応用レベルを買い込むのではなく、基礎向けと応用向けの2冊そろえるぐらいで
ちょうどいいかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2009/08/31 21:01 ] 中学生の学習法 | TB(0) | CM(1)

中学生の学習法 ~国語編~

中学生の国語ってどうやって勉強したらいいのでしょうか。
日本語だから読めるだろう、と思っていても意外と中学生の国語って
勉強しにくいものかもしれません。

家庭教師をしていた友人も

古文や漢文の文法は教えられるけど、
たとえば中学生の国語の現代文の模擬試験で
「本文中○○という文章があるが、筆者がこう述べた理由を▽字程度で書きなさい」
っていう問題があって、10点中6点だったんだけど、どうして6点しかくれないんだろう?
とか聞かれるとけっこう大変なんだよね。
明らかに的外れなことを書いているなら言えるけど、近からず遠からずだと…

といっていました。

国語を勉強したい中学生に
「本を読みなさい」
「新聞を読みなさい」
なんて、よく言ったりしませんか?

漢字の読み方や使い方を知ったり、語彙力をつけたり、よい文章のお手本にたくさん触れる、
という点では中学生の国語の勉強に役に立つものでしょう。

ただし、もう一歩進めてみてはいかがでしょう。

よい文章のお手本を知っているからといって、自分でよい文章が書けるわけではない

わけです。
というわけで、
「読んだあときちんとした感想文を書く」
ところまでやってみるのです。

人に読んでもらうことを意識した文章を書くことで
自分が考えていることを整理する
きちんとした文章を書く
2つの能力を磨くことができます。

ただし。
中学生の国語の定期テストレベルなら、とりあえず学校でもらったプリントとノートをしっかり
見直すぐらいしか方法がありません。国語の授業中は黒板をうつすだけでなく、
先生が言っていたことをメモしておくぐらいの余裕があるといいかもしれません。

ピンポイントで上手に作戦をたてれば、そこまで難しいものではないのではないでしょうか。
[ 2009/08/27 02:21 ] 中学生の学習法 | TB(0) | CM(0)

中学生の学習法 ~英語編~

中学生の学習法、第1弾は英語についてです。

中学生になってから英語を勉強し始める人が日本人のほとんどでしょうか。
最近は小学生から英語を勉強し始めたりすることもあるようですね。

小学生で英語を習っていた人が中学生になった場合、
1年生の1学期の授業などアルファベットや簡単な単語ばかりで授業が退屈でしょう。
定期テストでも「This is a pen.」程度で90点をとれてしまったりするわけですから、
特に勉強する必要もないことになりますね。

危険なのが、ここで英語を勉強する習慣がないまま、
中学2年生、3年生と学年が上がっていくことです。
3年生になって、いざ高校受験となったときにあわててしまうのです。
英語を毎日勉強する習慣がないので、授業に乗り遅れてしまっていたりすると悲惨です。
最悪のケースでは、3年生の時点で1年生の秋ぐらいの部分から復習しなければいけなくなったり…

これでは時間がもったいないです。

英語の成績を伸ばしたいなら、中学生の1年生から毎日こつこつ勉強すればいいのです。
その日習った単語はその日に覚える、とか
1日3つでも例文を覚える、とか
毎日の積み重ねがきっと実を結ぶのが中学生の英語です。

他の教科は、テスト前にあわてて勉強すればなんとかなるものもありますが
英語はなかなかそうはいきません。

もしかしたら、中学生の英語の勉強でもっとも大切なのは、
1年生の1学期に英語を勉強する習慣をつけること、これに尽きるのかもしれませんね。
[ 2009/08/23 22:10 ] 中学生の学習法 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。