中学生の学習法教えます

中学生の学習法って知っているようで知らないんですね。そんな中学生の学習法を教えます。

ホーム > アーカイブ - 2009年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中学生の学習法 ~数学編~

中学生の数学は小学生の算数の続きにあると思われていたりもしますが、
小学生レベルの算数が得意だったから中学生の数学が得意とは限りません。

もちろん、計算が得意で速くて正確なら、1問をとくのに掛かる時間が少なくて済むことにつながり、
結果としてテストの結果がよくなる、ということはありますが。
さらに、計算が苦手なのは問題です。
1問解くのに時間がかかる→テストで成績が悪い→数学が嫌いになる
という悪循環になりかねません。
計算は練習すればできるようになります。
遅くても中学1年生のうちに、計算力はつけておくようにしたほうがいいでしょう。

中学生の数学は「考える教科」です。
決して公式を丸暗記して、数字を当てはめていくという「暗記科目」ではないのえdす。
公式は丸暗記するものではなくて理解して使いこなすものです。
中学生の数学のうちにそのような習慣をつけておくと、高校の数学で苦労が少なくて済みます。

また、中学生の数学と一口に言っても、内容はさまざまです。
関数は得意だけれど図形は苦手
連立方程式は解けるけれど確率となるとお手上げ
…ある程度は仕方ない部分もあるでしょうが、テスト前には対策をしなければいけません。

苦手なジャンルが試験範囲になったら、基礎問題をたくさん解く
得意なジャンルが試験範囲になったら、応用問題に挑戦する

学校の教科書やワークだけではたりなかったら、問題集を買うのもいいかもしれません。
突然応用レベルを買い込むのではなく、基礎向けと応用向けの2冊そろえるぐらいで
ちょうどいいかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2009/08/31 21:01 ] 中学生の学習法 | TB(0) | CM(1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。