中学生の学習法 ~国語編~ 中学生の学習法教えます

中学生の学習法って知っているようで知らないんですね。そんな中学生の学習法を教えます。

ホーム > スポンサー広告 > 中学生の学習法 ~国語編~ホーム > 中学生の学習法 > 中学生の学習法 ~国語編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中学生の学習法 ~国語編~

中学生の国語ってどうやって勉強したらいいのでしょうか。
日本語だから読めるだろう、と思っていても意外と中学生の国語って
勉強しにくいものかもしれません。

家庭教師をしていた友人も

古文や漢文の文法は教えられるけど、
たとえば中学生の国語の現代文の模擬試験で
「本文中○○という文章があるが、筆者がこう述べた理由を▽字程度で書きなさい」
っていう問題があって、10点中6点だったんだけど、どうして6点しかくれないんだろう?
とか聞かれるとけっこう大変なんだよね。
明らかに的外れなことを書いているなら言えるけど、近からず遠からずだと…

といっていました。

国語を勉強したい中学生に
「本を読みなさい」
「新聞を読みなさい」
なんて、よく言ったりしませんか?

漢字の読み方や使い方を知ったり、語彙力をつけたり、よい文章のお手本にたくさん触れる、
という点では中学生の国語の勉強に役に立つものでしょう。

ただし、もう一歩進めてみてはいかがでしょう。

よい文章のお手本を知っているからといって、自分でよい文章が書けるわけではない

わけです。
というわけで、
「読んだあときちんとした感想文を書く」
ところまでやってみるのです。

人に読んでもらうことを意識した文章を書くことで
自分が考えていることを整理する
きちんとした文章を書く
2つの能力を磨くことができます。

ただし。
中学生の国語の定期テストレベルなら、とりあえず学校でもらったプリントとノートをしっかり
見直すぐらいしか方法がありません。国語の授業中は黒板をうつすだけでなく、
先生が言っていたことをメモしておくぐらいの余裕があるといいかもしれません。

ピンポイントで上手に作戦をたてれば、そこまで難しいものではないのではないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2009/08/27 02:21 ] 中学生の学習法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。